二度目の自己破産はできる?

債務整理の中で唯一借金をリセットさせることができるのは自己破産で、多額の借金をしていたとしても適用されると借金がゼロになって新しい生活をスタートさせることができます。

自分で作った借金をリセットすることになるので受けるペナルティについても大きくなっており、新しく借金をすることができなくなることや就業制限などにも引っかかることになります。

自己破産を適用させるためには数ある免責不許可事由に該当しないことが条件になっている他、時間やお金もかなりかかることになるので弁護士に依頼をしたとしてもかかる肉体や精神的な負担についてはかなり大きくなります。

それだけして自己破産をする人の中には生活をリスタートさせたにも関わらず、また同じように借金問題を抱えるようになってしまい二度目の自己破産が必要になってしまう状況になることがあります。

さすがに二度目の自己破産をすることはできないと思うかもしれませんが、一定の条件が揃えば自己破産に回数の制限はないことから適用される可能性はあります。

ただしかなりハードルは上がっているので債務整理の中でも特に自己破産の案件を多く行ってきた法律事務所に相談して適用の可否について確認しておきましょう。

自己破産&債務整理ランキング

自己破産の免責事由

自己破産を受けるためには免責事由というものが必要になり、誰でも借金の返済をすることができなくなった場合に自己破産をすることができるわけではないので注意しましょう。

自己破産はいろいろある債務整理の中でも特に条件が厳しいと言われており、他の債務整理の場合だと借金を完済することが目的になっているのに対して、自己破産は借金の放棄であるため厳しくなるのは致し方ないことです。

免責許可を得ることができない借金の種類において特に気を付けないといけないのは自己破産をすることを前提に考えておいて、資金隠しをすることです。

例えば資金を親族の名義で購入した不動産に充てるなどしてプールしている資金を流すなどの行為で、自己破産をしてしまうと資金がリセットされるので後から資金回収ができるように準備をしておくような行為です。

これが発覚した後は自己破産が適用されていた後でも取り消しになることがあるので自分の財産をしっかり提示して資金隠しなどもしないようにしましょう。

さらに裁判所の調査にきちんと応じなかった場合や虚偽の申告をした場合も免責不許可事由に該当することになるので自己破産の適用条件にあってもそれが原因で債務整理ができないこともあるので注意しましょう。

自己破産の間違った認識

ちょっとしたきっかけで金融機関からお金を借りてしまったことをきっかけに気付けば借金の整理が必要なくらい多額の借金を抱えてしまうようになりました。

それからも気を抜いて少額の借り入れを繰り返しているうちに借金が多額になってしまったことによって自分では返済することが困難になり金融機関に債務整理の相談をしました。

自己破産は必要ないくらいかと思っていたのですが、収入がないことや返済の見込みがないことから自己破産を勧められることになりました。

自己破産と言えば生活できないくらいの状態になってしまって他人からも白い目で見られるなどのイメージがありましたが、とにかく取り立てがすごかったので諦めて自己破産することに決めました。

しかし自己破産をする中で思ったのは生活品なども最低限のものは没収されないのでまったくゼロからの生活になるわけではないということです。

他にも自己破産の手続きを開始してからこれまでしつこく迫っていた取り立てもピタリと止まり、生活に平穏が訪れるようになったのでもっともはやく検討しておけば良かったと思いました。

これに懲りて今後はお金を大事に使うこと、そしてどの金融機関からもお金を借りずにできるだけ生活することを心の中で誓いました。